乾燥肌・敏感肌のスキンケア

乾燥肌とクレンジングについて

乾燥肌ケアに非常に重要なクレンジングについてご紹介しています。

皮膚の水分は、発汗、不感蒸泄(ふかんじょうせつ: 皮膚または呼気から蒸気として自然に失われる水分)で減少し、
体内の内側または大気中の水分により供給されます。
皮膚は通常、皮脂が作る皮脂膜、天然保湿因子(NMF)セラミドなどからなる角質細胞間脂質の3つの物質がバリアを作り 紫外線などの外部刺激やアレルゲンなどから肌を守り、肌内部の水分が蒸発しない仕組みを作り出しています。

一般的に乾燥肌(ドライスキン)は、皮脂分泌量の低下、角質細胞間脂質などの減少により角質の水分含有量が低下して いる状態です。皮膚のバリア機能の低下により肌の水分が蒸発してしまうことが主な原因と考えられます。
乾燥肌を対策するには、バリア機能を回復させることが一番大切なのです。

クレンジングがお肌に与えるダメージとは?
お肌の水分保持力は、角質層の細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%、皮脂が2%を担っているので、
これらが流出すると、お肌の水分保持力は激減してしまいます。
油性の成分を洗い落とすクレンジングは、角質層に以下の2つのダメージを与えるので、スキンケアの中でも最も注意が
必要なスキンケアステップです。

1. 摩擦によるダメージ。 摩擦は水分を保持する役割を果たす角質層を物理的に傷つけ、剥がしてしまいます。
さらに、お肌が濡れた状態だと、角質層がふやけて剥がれ易くなっているため、より注意が必要です。

2. クレンジングの洗浄成分(界面活性剤)によるダメージ。
現在クレンジングといえば、洗い流せるタイプが主流です。これらは大変便利ですが、メイクを浮かせるオイル分が水に
溶けるようにするため、多くの界面活性剤が使われています。
界面活性剤は、メイクや汚れだけではなく、お肌の保湿能力の80%を担う角質層の細胞間脂質(セラミド等)も洗い流してしまいます。

乾燥肌の洗顔とクレンジングの方法
カサカサ肌を防ぐには、クレンジングは優しく手早く。
カサカサお肌を予防するには、保湿成分のセラミドを保つためのケアが必要です。
お顔のお手入れ法について具体的にご紹介します。

【正しいクレンジング法】
まず、アイメイク等のポイントメイクを先に落とします。アイメイクは肌と違い、化粧が落ちにくくなっています。
落ちにくいからといって、決して擦らないで下さい。
コットンにメイク落としをしみ込ませ、メイクした部分にコットンを載せて1分ほど置いておきます。
その後に軽く滑らせてメイクを拭います。この時少しメイクが残っていても、この後顔全体をクレンジングすることで、
化粧が落ちるので決して擦らないようにして下さい。

顔全体は40秒クレンジング法
1.顔を濡らさずに手の平に適量クレンジング剤を取ります。
2.額、鼻にかけてのTゾーンにクレンジングを乗せます。中指と薬指の腹で円を描きながら、軽くメークと馴染ませます。
3.頬などのUゾーンにクレンジングを乗せます。Tゾーンと同様に馴染ませます。
4.目元や口元、小鼻など、細かい部分のメークにも馴染ませ、最後に顔全体にさっと広げます。
5.ぬるま湯をすくった手に顔を近づけ、かけます。これを数回繰り返して、手早く洗い流します。
手で擦らないようにしましょう。

クレンジングだけでは全体の汚れは落ちないので、この後に洗顔を必ずに行って下さい。
くれぐれも、洗い過ぎず、擦り過ぎないよう心がけましょう。

洗顔のポイント
洗顔では、合成界面活性剤の入っていない物を選んで下さい。
洗顔料の選び方ですが、基本的にNGなのはリキッドタイプかクリームタイプのものです。
多くは合成界面活性剤が含まれています。
一方で、お奨めなのが固形石鹸です。天然の界面活性剤を含んでいる「純石鹸」というものが良いでしょう。
石鹸の中には、合成界面活性剤を含む物もあるので、成分表記をしっかり見て選んで下さい。

洗顔方法
洗顔をする際にポイントになるのが泡です。できれば泡立てネットを使ってキメ細かいフワフワの泡で洗って下さい。
泡を手の平で転がすようにし、優しく顔に乗せていきます。
洗顔もなるべく時間をかけずに、ぬるま湯で良く濯ぎます。洗顔後はしっかりと保湿を忘れずに行って下さい。
回数は1日1回~2回くらいに留めておきましょう。

※アトピーを克服したマネージャーが作った >> 敏感肌化粧水オージュンヌ